年金でお金を借りる方法とは?

銀行や消費者金融では、年金で生活をしている人はお金を借りることができない場合があります。
借入再申込Q&Aではどのような場合に借りれないかまとめています。
借りることができるのか知っておきましょう。
その理由はいくつかあって、まず年齢制限にかかりやすいことが一つの理由と考えられます。
銀行や消費者金融では年齢制限を設けていて、その上限は60歳から70歳くらいの間に設定されています。
この年齢制限に引っかかって借りることができない人もいるのです。
他にも、法律によって年金を担保にお金を借りることが禁じられていると言うことも理由として挙げられるでしょう。
基本的には生活を送るためのものですから、返済をするために用いることは禁じられていて、担保に設定することはできないのです。
そのために、お金を借りることができません。
ですから、他に何らかの収入がないと借りることはできないと考えておくのが良いです。
しかし、どうしてもお金を借りることが必要となった場合にはどうすれば良いのでしょうか。
これにはいくつかの方法がありますが、間違ってもヤミ金からは借りないように気をつけましょう。
怪しい業者もありますから、これらを利用してしまわないように気をつけなければならないのです。
合法的に年金を担保にしてお金を借りる方法としては、独立行政法人医療福祉法人のサービスを利用する方法があります。
独立行政法人医療福祉法人は独立行政法人ですから、言ってみれば国の出先機関のようなものです。
ですから、合法的なサービスを提供していて、年金で生活をしている人でも借りることができます。
実質的には国が運営しているローンですから、安心感は十分にあるでしょう。
そのメリットは、非常に低い利率で借りられることです。
利率は借りる時期によって異なるのですが、1%未満で借りることもできます。
保証人がある場合とない場合とで違いはあるのですが、一般的な融資と比較すると、保証人がなくて保証料を支払う場合であっても、かなり低い利率で借りることができるというメリットはあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>